英語を効率よく習うなら塾に通うことが鉄則

医師を目指す人の合格方法

教材

医学系専門の学習塾を選ぶ

大学受験の中で医学部へ合格するのはとても難しいです。医師を目指したい生徒数に比べて、医学部を設置している私立大学が少ないからです。特に国立大学の医学部は授業料が安いので競争率が高くなっています。医学部を受験する場合は学習塾や予備校の選び方が重要です。他の学部に比べて医学部の入試は独特の出題傾向があるため、医学系専門の学習塾や予備校を選ぶ必要があります。医学系の学習塾や予備校はたくさんありますが、受験対策がしっかりしているかどうかが選ぶ時のポイントです。医学部受験では少人数クラスかマンツーマンで指導してくれる学習塾や予備校が有利です。講師が個人的に指導してくれるので、苦手科目などを集中的に勉強することができます。大人数クラスだと講師の目配りができないため、苦手科目などを取りこぼす恐れがあるのです。また医学部合格率の高い学習塾や予備校を選びます。その時に目指す大学の合格者が多い所が有利です。その大学に合格できるような受験カリキュラムが組まれているからです。例えば国立大学を目指す受験生は国立大学の合格者数が多い所を選ぶのです。私立大学の場合は同じ医学部でも合格の目安となる偏差値に開きがあります。確実に合格するなら、偏差値の低い所を選ぶことです。医師になるには国家試験に合格しなければなりませんが、そのためには医学部を卒業しないと資格が得られないのです。難しい大学に入っても合格しやすい大学へ入っても資格は得られます。できるだけ偏差値の低い所を狙った方が有利です。