英語を効率よく習うなら塾に通うことが鉄則

受験に役立つ基礎知識

大学受験に有利な中学校に進学するには、指導コンセプトに注目して中学受験塾を選び、学習に励むことが重要です。生徒と保護者向けのサポートが充実している塾や、夏期講習などの特別授業も自由自在に受講できる教室が最適です。

将来に有利に働く

女子学生

耳を育てる

私は小学校に入学と同時に英語の塾に通い始めました。最初はもちろんABCの歌から始まります。「英語の耳は赤ちゃんの頃から英語を聞かないと育たない」と誰かに言われたことがありますが、そんなことはありません。小学校の低学年からでも間に合います。小学校の低学年は英語の授業はありませんので、英語塾で習うことは学校の対策ではなく、英語に興味関心を持たせることや抵抗をなくすことに繋がります。日本の童謡を英語で歌ったり単語を覚えます。徐々にリスニングも強化していき、自分で英語で話したいことを言えるようになります。そのため英語の塾を小学校の低学年から通っていて後悔することは少ないです。中学校で英語の授業が始まった時に、他の子がスタートラインに立っている時点でもうだいぶ先を走っています。中学の授業でも有利ですが、リスニング力は学校の勉強だけでなく社会に出てからも活躍します。例えば、海外旅行に行った時、他の友人は店員が何を言っているのか分からなくても、自分は理解することができます。海外旅行で相手が何を言っているか分かるだけでも、トラブルを防ぐ確率は大きく上がります。塾に通うということは、学生時代の学力を充実したものにするだけでなく、社会に出てからも生かされます。自分の子どもを世界で活躍できる人に育てたい、今後の世界の動向を考え英語くらいできる人に育てたいと考えるのであれば、小学校の低学年のうちから通わせるべきでしょう。また塾を選ぶときは通いやすい場所に立地しているものを選ぶことが大切です。

医師を目指す人の合格方法

教材

医学部の受験は年々難しくなっています。私立大学の医学部は数が少なく、国立は授業料が安いので競争率が高くなります。合格するポイントは学習塾や予備校の選び方です。医学系専門の塾へ通うことが大事です。少人数クラスかマンツーマンで教えてくれる所、目指す大学へ多くの合格者を出している所を選ぶようにします。

第三の受け皿としての教育

先生と生徒

通信制高校には、色々な問題を抱えた生徒が集まってきます。学力不振、発達障害、不登校やいじめなど、一人一人が様々な悩みを抱えています。通信制高校は、普通の高校よりも、問題のある生徒へのバックアップ体制がしっかりしています。